ブログトップ

写真絵 なんと大きな平城京

kpps.exblog.jp

森脇順「写真絵の世界」にようこそ!ゾーンプレートやピンホールカメラなどを使って、想像写真で遊んでいます。「写真絵」は、『ならまち大冒険』などでお馴染の、作家・寮美千子先生に名付けていただきました。

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『ふじ△(ふじさんかっけー)』というTV番組がある。題名は、「富士三角形」と「富士山かっけー(かっこいい)」を掛けたものだそうだ。
日本では古来より三角形(円錐形)の山に神が降りてくると考えられ信仰の対象となっているところが多い。


b0202651_21402646.jpg

ダイヤモンド近江富士(琵琶湖ホテル客室より撮影)
近江富士と呼ばれている滋賀県野洲市にある三上山も神が御降臨遊ばされた山で、麓には御上神社がある。


b0202651_2141542.jpg

次は御本家の富士山で、静岡にある富士山本宮浅間大社の鳥居から眺めた風景である。


b0202651_21413353.jpg

そして奈良県の大神神社の御神体三輪山である。


b0202651_2142585.jpg

大神神社が管理しておられる末社に何と富士神社があるのには驚いた。昔、富士山に登る際にここの砂をお守りに持って行ったそうである。


b0202651_21423727.jpg

上賀茂神社の立砂(たてずな)
神が御降臨遊ばされた2キロほど北にある神山(こうやま)に因んだものだそうで、神が降りてこられる神聖な場所である。
[PR]
by kpps | 2017-03-31 21:43 | 聖地