ブログトップ

写真絵 なんと大きな平城京

kpps.exblog.jp

森脇順「写真絵の世界」にようこそ!ゾーンプレートやピンホールカメラなどを使って、想像写真で遊んでいます。「写真絵」は、『ならまち大冒険』などでお馴染の、作家・寮美千子先生に名付けていただきました。

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0202651_2025474.jpg

b0202651_202695.jpg

 佐伯祐三は中学時代から好きな画家なので中落合にある記念館に行ってきました。
 彼の下落合のシリーズはここで制作されたものです。
 佐伯がパリで亡くなってからは妻の米子さんが1972年に亡くなるまでここで暮されたそうです。
 下落合の風景のほとんどは大正15年に描かれたものなので、90年経って風景はすっかり変わってしまっていますが、下落合駅からアトリエ記念館までの坂道を歩いていると何となく彼の絵とイメージが重なります。
 館内にはボランティアガイドの方がおられて色々とお話を聞かせていただきました。
[PR]
by kpps | 2016-09-20 20:57 | 聖地
b0202651_22435191.jpg

b0202651_2244647.jpg

 今年は、9月12日から25日までの2週間公開されています。
 いつもは殉死の日を入れた2日間だそうですが、今年は耐震工事が終わったということで特別に長期間公開されていたので、昨日行ってきました。
 1階から入り台所や風呂場などを見学した後、2階の応接間や大将と夫人の部屋などを見学します。普段は港区が別の場所に保管している大将や夫人、息子たちの衣類や書類などを展示してあるので、この期間の乃木邸は博物館になります。斜面を利用して建てられた乃木邸は、正面玄関が2階になりますが現在は使用されていません。2階の天井はかなり高く洋風です。奥に進むと廊下を挟んで向かい合わせになった大将と夫人の部屋があり、大将の部屋が殉死の部屋となります。
 殉死から今年で104年になりますが、時間が止まっているのでしょうか。何もかもがリアルです。
 応接室の横に配電盤があって、吊るされている検針の紙の日付が、明治43年10月になっていました。明治43年9月13日が父の誕生日です。
 耐震工事が終わったので3階の勝典さんと保典さんの部屋も見学ができました。屋根裏部屋だと思っていましたが、意外に広いのには驚きました。お二人が使用されていた机もそのままです。
 この後、明治神宮にお参りしました。
b0202651_2244445.jpg

乃木神社


b0202651_2245446.jpg

明治神宮
[PR]
by kpps | 2016-09-19 22:45 | 聖地
乃木坂のホテルに宿泊した私は、乃木神社にお参りした後、京急特急で三浦市の三崎口に向かった。

初声町下宮田(はっせまちしもみやだ)での深川麻衣「強がる蕾」MV画像とロケ地。
b0202651_20484358.jpg




深川麻衣がゴミ置き場からテレビを拾うシーン。
b0202651_20495469.jpg

b0202651_20504015.jpg




リヤカーを引いて坂を下りるシーン。
b0202651_2051799.jpg

b0202651_2051256.jpg




お寺の前でエンストしたお坊さんのバイクを押すシーン。
b0202651_205213100.jpg

b0202651_20523626.jpg




b0202651_2053197.jpg

ここは真言宗の飯盛山妙音寺。
「三浦大師」と呼ばれ、最近では花の寺としても知られている。
寺の上には大きな大日如来を祀る。
実は乃木神社には乃木希典・静子夫婦を祀るが、静子が未年生まれなので守り本尊が大日如来なのである。
そして深川麻衣も未年生まれ。
どちらも『聖母』である。
[PR]
by kpps | 2016-09-11 20:53 | 聖地