ブログトップ

写真絵 なんと大きな平城京

kpps.exblog.jp

森脇順「写真絵の世界」にようこそ!ゾーンプレートやピンホールカメラなどを使って、想像写真で遊んでいます。「写真絵」は、『ならまち大冒険』などでお馴染の、作家・寮美千子先生に名付けていただきました。

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

先日『船場まつり』に参加した。
『どっぷり船場 じっくりアート展』が、平野町にある辰野ひらのまちギャラリーで開催され、関西針穴写真倶楽部と京都針穴写真倶楽部が「風景・歴史・街」で参加、私も船場を囲んでいた東横堀川・長堀川・西横堀川に架かる橋を出展した。
b0202651_1241245.jpg


b0202651_1245037.jpg

芭蕉を送る舟(西横堀川本町付近)
 1694年11月28日午後4時頃、松尾芭蕉は大阪・御堂筋本町近くの花屋仁衛門宅の離れで死去した。その日の夜半にはご遺体を長櫃に納め、徒歩5分の西横堀川から船で大川・淀川経由で伏見まで行き、伏見からは陸路で大津まで運んだ。


b0202651_1254750.jpg

四ツ橋(西横堀川・長堀川)
 江戸時代の四ツ橋。西横堀川は埋め立てられて現在は阪神高速が走っている。四ツ橋があったところは、四ツ橋交差点の東、阪神高速の下になる。


b0202651_1262860.jpg

心斎橋(長堀川)
明治42年に鉄橋から石橋に架け替えられた。長堀川は埋め立てられ、現在は地上に道路が、地下にはクリスタ長堀がある。ビルは、石原時計店で水圧式のエレベータがあった。
また、「アサヒビアホール」の看板が見え、和洋が混在している風景が面白い。



b0202651_12748.jpg

高麗橋(東横堀川)
江戸時代の高麗橋。川は現存する。橋爪の左右には「櫓屋敷」があるが、ここは大阪城の玄関口のため、見張りが置かれていた。この通りには、両替商や呉服屋などが軒を連ねていた。
[PR]
by kpps | 2012-10-21 12:07 | 針穴写真