ブログトップ

写真絵 なんと大きな平城京

kpps.exblog.jp

森脇順「写真絵の世界」にようこそ!ゾーンプレートやピンホールカメラなどを使って、想像写真で遊んでいます。「写真絵」は、『ならまち大冒険』などでお馴染の、作家・寮美千子先生に名付けていただきました。

旧乃木邸特別公開

b0202651_22435191.jpg

b0202651_2244647.jpg

 今年は、9月12日から25日までの2週間公開されています。
 いつもは殉死の日を入れた2日間だそうですが、今年は耐震工事が終わったということで特別に長期間公開されていたので、昨日行ってきました。
 1階から入り台所や風呂場などを見学した後、2階の応接間や大将と夫人の部屋などを見学します。普段は港区が別の場所に保管している大将や夫人、息子たちの衣類や書類などを展示してあるので、この期間の乃木邸は博物館になります。斜面を利用して建てられた乃木邸は、正面玄関が2階になりますが現在は使用されていません。2階の天井はかなり高く洋風です。奥に進むと廊下を挟んで向かい合わせになった大将と夫人の部屋があり、大将の部屋が殉死の部屋となります。
 殉死から今年で104年になりますが、時間が止まっているのでしょうか。何もかもがリアルです。
 応接室の横に配電盤があって、吊るされている検針の紙の日付が、明治43年10月になっていました。明治43年9月13日が父の誕生日です。
 耐震工事が終わったので3階の勝典さんと保典さんの部屋も見学ができました。屋根裏部屋だと思っていましたが、意外に広いのには驚きました。お二人が使用されていた机もそのままです。
 この後、明治神宮にお参りしました。
b0202651_2244445.jpg

乃木神社


b0202651_2245446.jpg

明治神宮
[PR]
by kpps | 2016-09-19 22:45 | 聖地