ブログトップ

写真絵 なんと大きな平城京

kpps.exblog.jp

森脇順「写真絵の世界」にようこそ!ゾーンプレートやピンホールカメラなどを使って、想像写真で遊んでいます。「写真絵」は、『ならまち大冒険』などでお馴染の、作家・寮美千子先生に名付けていただきました。

世界猫遺産~パリ編~

b0202651_2043487.jpg


b0202651_20443892.jpg


b0202651_20441132.jpg


セーヌ川の世界遺産は、サン・ルイ島の東に架かるシュリー橋から、エッフェル塔前のイエナ橋までの8キロが登録されています。
地図だけを見ると、大阪の中之島とそっくりで、シュリー橋の位置には天神橋が、ノートルダム大聖堂の位置には中央公会堂が、そしてルーブル美術館の位置には国立国際美術館があり、中之島の難波橋はノートルダム大聖堂があるシテ島のサンミシェル橋を真似たと言われています。
今年は、10月には船場まつりに参加し、船場に架かる橋を展示したり、11月には作品だけの参加ですが、シュリー橋を渡って数百メートルのところにバスティーユ広場があります。その横のメゾンダールというギャラリーで行われたパズルプロジェクトに参加したりと、パリを身近に感じることが出来ました。パリには他にも日本のギャラリーがあるそうで、いつか行ってみたいですね。
世界猫遺産パリ編は、11月に行われた針穴フェスタに出展しました。
[PR]
by kpps | 2012-11-10 21:10 | 世界猫遺産